バイアグラの副作用と注意点

バイアグラ服用の視覚への影響

バイアグラ,副作用,注意点

副作用の中で最大の注目を集めているのは、視覚障害です。典型的なものは死か鵜が青くなるという症状で、青井霞を通してみているようになるということ。このほかにも、ものがぼやけて見えた、光に対して過敏になった青と緑の区別がつきにくくなったなどの例があります。

 

ファイザー社の臨床試験の所見では、視覚障害は軽度で数時間しか続かず、発現率は約3パーセントという結果が出ています。視覚障害は服用量が多いほどで安くなります。

 

推奨されている位置に当たりの上限100mgを投与した場合の発現率が11パーセントであるのに対して、より少量を投与した場合の発現率は3パーセントでした。

 

バイアグラを服用すると、どうして視覚に問題が生じるのでしょうか?バイアグラはペニスの内部でPDE5・ホスホジエステラーゼ5型という酵素を阻害することで効果を発揮します。幸い体内のPDE5はほぼすべて世紀に集中しているので、バイアグラが作用する部位は標的であるペニスにほぼ限定されるのです。しかし体内にはほかのタイプのPDEが存在しており、これらもバイアグラの影響を受ける可能性があります。

 

ただしその影響は、PDE5が受ける影響に比べればはるかに小さい。目の中にはPDE6があるのです。

 

視覚への副作用は、バイアグラ発売以来数週間、マスコミからか亜也注目されました。予想より高頻度で視覚障害が発生している可能性があることが報道されています。これは一部の人が推奨量より多く乱用しているためではないかと考えられています。

 

場合蔵の使い過ぎによって視覚障害が出る可能性があることや、長期使用した場合にどのような副作用が表れるかが不確かであることから、米国眼科学会は男性に向けて警告を出し、そのなかで「バイアグラ服用長期的影響について研究する必要がある」と述べました。

 

眼科学会はバイアグラ服用者に対して、特に黄班編成や色素性変性症などのある人は視覚障害が出る恐れがあると注意を促しています。

 

バイアグラの取扱説明書にも、色素性変性症の人は注意して使用するようにと書かれています。

 

スタンフォード大学の眼科医はバイアグラの服用量が多すぎる場合に視覚障害が出るのではないかと考え、推奨されている最大一日服用量の2倍である200mg投与で視覚にどのような影響が表れるかを研究しました。

 

その結果、バイアグラの過料服用によって、少なくても5時間、網膜の機能が30から50パーセント低下することがわかりました。

 

ファイザー社は米国眼科学会の警告を受けて、バイアグラが原因とされる視覚障害は、適正な服用量の場合、軽度で一時的であるとの見解を発表し、ボランティアを対象に推奨服用量を超える量でも、厳密な視覚機能検査を行ったと述べました。