バイアグラの副作用と注意点

医師に近況を報告しましょう

医師に近況を報告しましょう

バイアグラで何らかの不快な副作用が出た場合は、必ず主治医に相談する必要があります。再発のリスクを下げるためにも、服用量を減らしましょうと言われるかもしれません。臨床試験で服用量が多いほど副作用が表れる率も高いという結果が出ているからです。

 

慢性的な副作用は、数年間服用を続けた後にあらわれることが多いです。臨床試験で検車がバイアグラを服用した期間は最長でも一年間です。

 

一般市民がバイアグラを服用し始めてから、期間が短い薬はみんなそうですが、バイアグラの長期間の服用でどんな影響が出るかという話になると、基本的には未知の領域であるとしか言いようがないのです。

 

バイアグラに関する副作用に関しては、どんな些細なケースでも医師に相談して、支持をもらい守りましょう。そうしないと、命にかかわる取り返しのつかない副作用が出てしまうことがあります。