バイアグラの副作用と注意点

長期的な服用の危険性

バイアグラが適応症ではない人、例えば性の楽しみを向上させたいという健康な人にも処方され手服用者数がさらに増えれば、予想外の副作用が出てくる可能性が大幅に増えると懸念する声があります。

 

この種の問題がありうる証拠として、引き合いに出されるのがリダックスの例です。これはふぇんテルミンとの服用で、「フェン・フェン」と呼ばれていた処方例ですが、服用者の3分の1に心臓弁の障害を起こした可能性があるという研究報告がいくつか出ました。そのため、1997年9月にFDAが回収を命じました。

 

一部の消費者保護の運動家は、バイアグラは大急ぎで市場に出されたと主張している。彼らはFDAがバイアグラを特急扱い、あるいは優先してファイザー社が認可申請をしてからわずか半年後に認可したことに注目しているのです。

 

またファイザー社の臨床試験で一年以上服用した被験者がわずか550例であることと、大部分の臨床試験の試験期間が6か月以下だったことも批判の的になっています。

 

つまりバイアグラを長期使用する人たちの健康は、道の危険にさらされていることになります。

 

だがこれまでに伝えられているところでは、副作用についての不安はあまりなさそうです。いしたちのほう国によると、バイアグラを処方した患者たちに有害な副作用が認められたケースは全般的にまれで、臨床試験の際にみられた程度と大きな違いはありませんでした。

 

臨床試験の第3段階に関与した、サラント博士は発売から数週間の間に500枚を超える処方箋をかきました。そして、「副作用で服用をやめた患者はまだ1人もいません。驚くべきことです。」と語っています。

 

そのあたりは、消費者保護団体と、臨床試験に関与した医師との間で言い分が違ってきています。