バイアグラの副作用と注意点

バイアグラの注意点・副作用

バイアグラ,副作用,注意点

バイアグラが有効な人の多くは、アテローム性動脈硬化があります。動脈硬化はペニスの動脈に盈虚を及ぼすだけでなく、心疾患の原因にもなります。したがってこのような人たちがバイアグラを飲んで久しぶりにセックスをすれば、その負担で心臓発作を起こす危険性があります。
しばらく節句から遠ざかっていた人は、バイアグラを飲んで性行為を再開する前に、健康診断を受けることが重要です。

 

従来の勃起不全の治療法、特に自己注射法で時々見られる副作用に、勃起が終わらない勃起持続症があります。好ましい副作用だと思う人がいるかもしれませんが、実際は直ちに治療を要する深刻な状態です。

 

勃起が4時間から6時間以上続くと、ペニスに十分な酸素がいきわたらなくなり、組織が障害されて永続的なインポテンスになってしまう場合もあります。

 

バイアグラが認可された直後に有名な医療専門家たちから、バイアグラによる勃起は理論的に勃起持続症に繋がる可能性があると懸念する声が聞かれていました。

 

だが、さいわいなことにバイアグラ服用者にはこの副作用は出ていない。理由として考えられるのは、バイアグラもほかの薬と同様に、体内にとどまる時間に限りがあります。やがて分解、排泄されることです。したがって数時間おきに服用するなどと言う無茶な服用方法は問題が起こることが考えられますが、1日1錠という服用両方を守っていれば、勃起持続症のことを心配する必要はないのです。

 

ニトログリセリンなどを服用している人は飲んではいけません

 

バイアグラ,副作用,注意点

勃起不全に対する驚異的な効果が喧伝されるあまり、見落とされがちであるが、場合蔵は薬です。それも驚異的な血管拡張剤です。つまりは動脈を拡張して血流量を増やす薬なのです。

 

したがって帆赤の薬と同様に、効果と副作用の両方があります。予想外の事態を豆かないためには、青い錠剤を飲み込む前に確認しておかなければならないことがあります。

 

絶対にバイアグラとニトログリセリンを一緒に飲んではいけません。ニトログリセリンなどの硝酸薬の服用者はダメです。硝酸薬は狭心症などの薬として用いられることが最も多いです。

 

狭心症はアテローム性動脈硬化で冠動脈が狭窄するために起こる心臓の痛みです。硝酸薬はバイアグラと同様に動脈を拡張します。したがってバイアグラと同時に服用すれば、体内の動脈が拡張しすぎて、血圧が急激に下がり、命にかかわる事態になる可能性があります。

 

最近の研究で、勃起不全の人の5パー前途が硝酸塩を服用しているということが明らか胃なっています。

 

狭心症に用いられる硝酸薬にはCardilate Iso-Bid Nitrocap Nitroglyn などの錠剤やカプセル、Sorbitrateなどのかむタイプの錠剤Nitrogardなどの舌下薬Nitoro-Bidなどの軟膏があります。

 

また興奮剤として亜硝酸アミルのアンプル剤を使っている人たちも、バイアグラと併用すれば、同じように血圧が急激に下がる可能性があります。

 

1998年6月の時点で100万枚の処方箋が書かれ、7名の男性がバイアグラを服用後に死亡しました。

 

亡くなった人たちの全員が心疾患あるいは心臓血管系の問題を持っていました。
1名は硝酸薬をバイアグラと併用したために死亡しました。5名はセックスの最中あるいは直後に、卒中または心臓発作でなくなりました。

 

したがって称賛薬を服用している場合は、絶対にバイアグラを飲んではいけません。またバイアグラを飲んでいる人が、将来、硝酸薬を飲むことになったら、その時はバイアグラをやめる必要があります。簡単だと言う点ではバイアグラには劣るが、効果の点では引けをとらない治療法はほかにもあります。

 

一時的な軽い副作用

 

視覚に及ぼす影響は懸念されているものの、バイアグラの副小夜に関する情報はおおむね悪くありません。どの副作用も頻度が低く、概して一時的であり、ほとんどが軽度から中程度です。一般的にいえば、副作用はバイアグラが血流中にある愛が、副用意してから4時間ほどしか続かないのです。

 

臨床試験中に、副作用のために途中で参加を取りやめた人の割合は2.5パーセントでした。一方プラシーボを服用していたグループの中途辞退者は2.3パーセントで、両者に有意義な差は認められませんでした。

 

臨床試験で最もよく見られた副作用は

 

軽度の頭痛 16パーセント
顔面紅潮  11パーセント
消化不良  7パーセント
鼻水    7パーセント
一時的な視覚障害 3パーセント

 

新薬が市場に出回ってから、臨床試験の段階で確認できなかった副作用やほかの薬との相互作用が表れることは珍しくありません。臨床試験はせいぜい数千人に試されるだけですが、市場に出れば何十万人あるいは何百万人という人たちが服用するので、臨床試験では全く見られなかった副作用が出てくる可能性がかなり大きくなります。

 

バイアグラは実際の使用者が被験者の数をはるかに上回る薬の代表例です。臨床試験では3000人を超える人がバイアグラを使用しました。しかしバイアグラは発売後1か月で新薬の売り上げ記録を塗り替えました。その間に約100万人の男性がバイアグラを処方されたと推測されています。

 

これは試用者総数の300倍を上回る数です。


医師に近況を報告しましょう

バイアグラで何らかの不快な副作用が出た場合は、必ず主治医に相談する必要があります。再発のリスクを下げるためにも、服用量を減らしましょうと言われるかもしれません。臨床試験で服用量が多いほど副作用が表れる率も高いという結果が出ているからです。

 

慢性的な副作用は、数年間服用を続けた後にあらわれることが多いです。臨床試験で検車がバイアグラを服用した期間は最長でも一年間です。

 

一般市民がバイアグラを服用し始めてから、期間が短い薬はみんなそうですが、バイアグラの長期間の服用でどんな影響が出るかという話になると、基本的には未知の領域であるとしか言いようがないのです。

 

バイアグラに関する副作用に関しては、どんな些細なケースでも医師に相談して、支持をもらい守りましょう。そうしないと、命にかかわる取り返しのつかない副作用が出てしまうことがあります。

続きを読む≫ 2015/12/02 13:27:02

バイアグラ,副作用,注意点

副作用の中で最大の注目を集めているのは、視覚障害です。典型的なものは死か鵜が青くなるという症状で、青井霞を通してみているようになるということ。このほかにも、ものがぼやけて見えた、光に対して過敏になった青と緑の区別がつきにくくなったなどの例があります。

 

ファイザー社の臨床試験の所見では、視覚障害は軽度で数時間しか続かず、発現率は約3パーセントという結果が出ています。視覚障害は服用量が多いほどで安くなります。

 

推奨されている位置に当たりの上限100mgを投与した場合の発現率が11パーセントであるのに対して、より少量を投与した場合の発現率は3パーセントでした。

 

バイアグラを服用すると、どうして視覚に問題が生じるのでしょうか?バイアグラはペニスの内部でPDE5・ホスホジエステラーゼ5型という酵素を阻害することで効果を発揮します。幸い体内のPDE5はほぼすべて世紀に集中しているので、バイアグラが作用する部位は標的であるペニスにほぼ限定されるのです。しかし体内にはほかのタイプのPDEが存在しており、これらもバイアグラの影響を受ける可能性があります。

 

ただしその影響は、PDE5が受ける影響に比べればはるかに小さい。目の中にはPDE6があるのです。

 

視覚への副作用は、バイアグラ発売以来数週間、マスコミからか亜也注目されました。予想より高頻度で視覚障害が発生している可能性があることが報道されています。これは一部の人が推奨量より多く乱用しているためではないかと考えられています。

 

場合蔵の使い過ぎによって視覚障害が出る可能性があることや、長期使用した場合にどのような副作用が表れるかが不確かであることから、米国眼科学会は男性に向けて警告を出し、そのなかで「バイアグラ服用長期的影響について研究する必要がある」と述べました。

 

眼科学会はバイアグラ服用者に対して、特に黄班編成や色素性変性症などのある人は視覚障害が出る恐れがあると注意を促しています。

 

バイアグラの取扱説明書にも、色素性変性症の人は注意して使用するようにと書かれています。

 

スタンフォード大学の眼科医はバイアグラの服用量が多すぎる場合に視覚障害が出るのではないかと考え、推奨されている最大一日服用量の2倍である200mg投与で視覚にどのような影響が表れるかを研究しました。

 

その結果、バイアグラの過料服用によって、少なくても5時間、網膜の機能が30から50パーセント低下することがわかりました。

 

ファイザー社は米国眼科学会の警告を受けて、バイアグラが原因とされる視覚障害は、適正な服用量の場合、軽度で一時的であるとの見解を発表し、ボランティアを対象に推奨服用量を超える量でも、厳密な視覚機能検査を行ったと述べました。

続きを読む≫ 2015/12/02 13:11:02

バイアグラが適応症ではない人、例えば性の楽しみを向上させたいという健康な人にも処方され手服用者数がさらに増えれば、予想外の副作用が出てくる可能性が大幅に増えると懸念する声があります。

 

この種の問題がありうる証拠として、引き合いに出されるのがリダックスの例です。これはふぇんテルミンとの服用で、「フェン・フェン」と呼ばれていた処方例ですが、服用者の3分の1に心臓弁の障害を起こした可能性があるという研究報告がいくつか出ました。そのため、1997年9月にFDAが回収を命じました。

 

一部の消費者保護の運動家は、バイアグラは大急ぎで市場に出されたと主張している。彼らはFDAがバイアグラを特急扱い、あるいは優先してファイザー社が認可申請をしてからわずか半年後に認可したことに注目しているのです。

 

またファイザー社の臨床試験で一年以上服用した被験者がわずか550例であることと、大部分の臨床試験の試験期間が6か月以下だったことも批判の的になっています。

 

つまりバイアグラを長期使用する人たちの健康は、道の危険にさらされていることになります。

 

だがこれまでに伝えられているところでは、副作用についての不安はあまりなさそうです。いしたちのほう国によると、バイアグラを処方した患者たちに有害な副作用が認められたケースは全般的にまれで、臨床試験の際にみられた程度と大きな違いはありませんでした。

 

臨床試験の第3段階に関与した、サラント博士は発売から数週間の間に500枚を超える処方箋をかきました。そして、「副作用で服用をやめた患者はまだ1人もいません。驚くべきことです。」と語っています。

 

そのあたりは、消費者保護団体と、臨床試験に関与した医師との間で言い分が違ってきています。

続きを読む≫ 2015/12/02 13:07:02

バイアグラほかの薬との相互作用

硝酸薬ほど深刻ではないが、ほかにもバイアグラとの併用で問題が出る薬があります。バイアグラの臨床試験中に、併用するとバイアグラの血中濃度が上昇する薬があることが判明しました。

 

これらの薬は、バイアグラの代謝、排出を阻害するものと考えられています。こうした影響がみられた薬は、抗生物質のエリスロマイシン、潰瘍の治療に使われる制酸剤のシメチジン・タガメット、抗真菌薬のケトコナゾールとイトラコナゾールなどです。

 

バイアグラの血中濃度が高ければ高いほど有害の副作用が出るリスクが高くなります。ファイザー社はこれらの薬を服用している人たちに対して、バイアグラをまず際少量の25mgから試すことを推奨しています。

 

バイアグラとの相互作用について心配知る必要のない薬があることを知っておいた方がいいです。たとえばファイザー社ではバイアグラを市場に出す前に、アスピリンとの相互作用を調べましたが、バイアグラはアスピリンの甲凝固作用に影響を与えませんでした。心臓発作を予防するためにアスピリンを常用している数多くの中年男性にとってはいいニュースです。

 

またバイアグラはアルコールとも有害な相互作用をしないのです。ファイザー社では、健康な男性ボランティア50名を対象に、バイアグラの50mg錠とアルコールを同時に投与する試験をしました。アルコールの血中濃度は0.08パーセントまで上昇させました。これはアメリカのいくつかの州で運転が認められる上限です。試験の結果、アルコールで下がった血圧がバイアグラによってさらに下がることはありませんでした。

 

もちろんアルコールは、性行為にプラス、マイナスの両方の作用をすることがあります。アルコールを飲むと、その気はあおられるが、力は抜けてしまいます。したがってバイアグラを服用する男性は、あまり飲みすぎるとバイアグラの勃起効果がそう殺されてしまう可能性があることを覚えておきましょう。

続きを読む≫ 2015/12/02 12:55:02